新型コロナウィルス感染対策方針について
新型コロナウイルス感染症拡大防止を目的に、今後のOOLで開催されるイベントについて方針を定めました。
2019OOD.png
Okinawa Open Days 2020
フルオンラインで開催させて頂きました。おかげさまでご好評のうちに終了いたしました。

開催内容▶▶▶特設サイトへ

​お知らせ

【メディア掲載情報】Okinwa Open Days 2020

【お知らせ】SBI AntWorks AsiaとRPAを活用したオープンデータ活用に関する共同研究を開始しました

【お知らせ】年末年始休業について

イベント情報

2021/01/19

オンライン

【会員+招待者限定】OOLフォーラム 台湾NCTUからの技術紹介・OOL人材育成に関する議論
2021/02/18

会場調整中

OOL活動報告会
2021/02/19

会場調整中

2月フォーラム(予定)

研究トピックス

 IoTプラットフォームとFaaSを統合可能とするOSS 『Meteoroid』を公開 

オープンソースのIoTプラットフォームであるFIWARE上で、様々なアプリケーションをFaaS(Function as a Service)として提供するための新機能を開発し、『Meteoroid』という名称で新しいオープンソースソフトウェアを公開しました。

一般的にアプリケーションを実行するにはサーバーやOS、ミドルウェアなどが必要になりますが、アプリケーション開発者にとってインフラ技術を扱うのは障壁が高いものになります。

そこで、FIWAREにアプリケーション実行基盤をFaaSとして統合し、FIWAREとFaaSをシームレスに管理、アプリケーションを実行できるアーキテクチャを考案しました。

 5GNWスライス検証で「MEF3.0 PoC Awards」を受賞 

MEFが主催するイベントMEF19(2019年11月18日~22日、ロサンゼルス)において、NTTコミュニケーションズ、NTT情報ネットワーク総合研究所と共同で5Gに関するPoCの取り組みについて発表し、「MEF 3.0 Proof of Concept Awards」の「Network Slicing Implementation 2019」を受賞しました。

 

OOLがパートナーと共同発表した「5G xHaul Sharing Slices with LSO Orchestration」において、複数事業者間でのネットワークスライスを活用した相互接続とオーケストレーター間連携による自動制御が評価されました。

 オープンデータプラットフォームOTTOPを公開・活用しています 

沖縄の公共交通情報や観光情報をオープンデータ化し、観光客や地元の皆さまに経路検索しやすくする仕組み作りを進めてきましたが、そのオープンデータを格納するプラットフォームをOTTOP(Okinawa Transit and Tourism Opendata Platform)と名付けて公開しています。

このOTTOP上のデータは誰でも自由に活用できるようにAPIを提供しています。

OOLでもこのデータ利活用し、例えば那覇空港のデジタルサイネージにバス発車時刻の案内を表示するなどの取り組みも行っています。

【会員+招待者限定】OOLフォーラム オープンソース5GC最新開発状況のご紹介・MEF3.0 PoCのご紹介・他

2020/12/11

オンライン

Okinawa Open Days 2020(12/8-10)

2020/12/08-11

オンライン

【SIDG】Civic Hack Night Okinawa Vol.25 開催

2020/11/14

EBILAB Okinawa Innovation Lab

​直近のイベントレポート

スペシャリスト育成プログラム

 第6期生スタート!

ottopロゴ
Contact
 

〒901-2122 

沖縄県浦添市勢理客4-19-3 NTTコム那覇勢理客ビル5階
電話:098-989-1940  FAX:098-989-1943
E-mail:info@okinawaopenlabs.org

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © OKINAWA OPEN LABORATORY All Rights Reserved.