プロジェクト

Project

■プロジェクト名

 IoTプラットフォームPJ

■プロジェクト期間

 2018年4月~2022年3月 (予定)

 

■プロジェクト概要

 本プロジェクトでは「データの利活用を促進する」ことを目的としてOSSの IoTプラットフォームの機能検証及びユースケースで得た知見をコミュニティやOOLの会員に共有する。
20年度は19年度に開発したFIWAREとFunction as a Serviceを統合管理するMeteoroidの課題や有用性を評価するユースケース検証、ユースケース検証で得た課題の改善活動を実施した。
21年度は新たなIoTプラットフォームの機能調査やFIWAREで蓄積したデータを容易に可視化、分析することを可能にするツールの調査、検証を実施する。

 

 

■プロジェクトの背景

沖縄オープンラボでは設立当初からSDN/クラウドという通信とコンピューティング技術を扱い、サーバーにデータを運ぶという技術を追求してきた。

近年の技術動向としてスマートシティにおけるIoT/AI技術が注目されていることから、データの収集や利活用がより求められると考えられる。

 IoTプラットフォームPJでは「データ利活用を促進すること」を目的とし、OSSのIoTプラットフォームであるFIWAREや新たなIoTプラットフォームの調査及び検証を行い、得た知見を展開する。

スマートシティとは​

市民生活や行政などの

まちづくりに先端技術を適用

 

都市全体を効率化

 

様々な業種間における

データ流通

smartcity.png

どのようなデータ利活用プラットフォームが必要か

データ利活用の促進のための以下の項目が必要。

  1. 標準的なデータモデル

  2. 標準的なデータアクセスのためのオープン API

  3. オープンソースソフトウェア (OSS)

FIWARE のデータ活用サイクルと課題

● IoT アプリケーション開発のためのソフトウェアの集合体

● 次世代インターネット官民連携プログラム@EU で開発

● 次世代インターネット技術における EU の競争力強化と社会/公共 分野の

   スマート アプリケーション開発を支援

● 欧州の自治体や、スタートアップで利用(110都市、25カ国で利用)

 〇 スペイン/サンタンデール市 スマートごみ収集

 〇 日本/高松市 河川水位測定(防災)

 〇 etc...

FIWAREロゴ.png

FIWARE とは

● オープンソースソフトウェア (OSS)

● 各コンポーネントは標準化された API (NGSI) に準拠

● 必要なコンポーネントを自由に組み合わせて利用

FIWARE説明図.png

FIWARE のデータ活用サイクルと課題

FIWARE のデータ活用サイクルで、Process (データ処理) の機能が不足
Function as a Service (FaaS) を組み合わせることで、Processの機能を強化
 
※FaaSとは、イベントドリブン型のサーバーレスアプリケーション実行環境

FIWAREデータ利活用課題.png

Meteoroid とは

Meteoroid とは、FIWARE (IoTプラットフォーム)と Apache OpenWhisk (FaaSプラットフォーム)を統合管理し、FIWARE エコシステム内におけるイベントドリブン処理を実現する OOL 発の OSS

Meteoroid.png

Apache OpenWhisk とは...
  2016年にIBM が公開した OSS の Function as a Service プラットフォーム

IoT × 5G ユースケースイメージ

ユースケース

  • スタジアムや空港の入り口を想定

  • 入場者の属性(年齢)に応じた広告をサイネージ表示

  • 個々人の属性情報を Field Analyst で収集し、 MEC の FIWARE へ3秒間隔で通知・蓄積。

  • 属性情報に従い Function でサイネージを制御。 また、年代別入場者数を1日1回集計。

IoT×5Gユースケース.png

ユースケース 検証結果と課題

● Meteoroid を活用したユースケース検証 結果

 〇 Meteoroid を使用することでイベント(人物検知)とそれに対応する 処理(年齢によるサイ

       ネージ制御)を紐づけることができ、FIWARE におけるイベントドリブン処理を容易に

       実現できることを確認
 
〇 MEC アプリケーションとしての FIWARE 活用 (FIWARE と 5G MEC の連携)
 

● 課題

 〇 ログの取り方など、Meteoroid CLI のドキュメント不足の課題

  → ドキュメントの整備を実施

 〇 FIWARE の API の使いづらさの課題

  → FIWARE のメインコンポーネントである Orion やQuantumLeap のクライアントラ

   イブラリを調査・開発を実施

OOL の成果物

● Okinawa Open Days 2020  ( 2020.12.10)
 〇 次世代スマートシティに向けた5G・IoT プロジェクトの取り組み

  https://www.youtube.com/watch?v=QlZZZZXWM08 
● OOL発のオープンソースとして「 Meteoroid 」を公開

  https://github.com/OkinawaOpenLaboratory/fiware-meteoroid
● QuantumLeap クライアントライブラリの開発

  https://github.com/OkinawaOpenLaboratory/QuantumLeapClient