【SIDG】Civic Hack Night Okinawa Vol.30

【オンライン開催】シビックテックフレームワーク研究 其の3


主催: 一般社団法人沖縄オープンラボラトリ

共催: 一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センター、Startup Lab Lagoon KOZA

協賛: 日本電気株式会社、SBI Antworks Asia

日時: 2021年6月23日(水)19時~21時

会場: 本イベントはZoomによるオンライン開催となります。

募集人数: 制限なし

参加費用: 無料(事前登録制)


 6月23日(水)、Civic Hack Night Okinawa #30をオンラインで開催しました!
 今回のテーマは 「シビックテックフレームワーク研究 其の3」です。
 都市OSの一つとして注目されているFIWAREについての紹介やFIWAREを使ったユースケースとして地域課題を収集するアプリについてご紹介を行いました!


 FIWAREとは、欧州の官民連携プロジェクトで開発/検証されたOSSのデータ利活用プラットフォームです。
FIWAREの特徴の一つとして標準化されたオープンAPI(NGSI)による複数のFIWARE間におけるデータ連携が可能である点が挙げられます。FIWARE間のデータ連携が可能になることで複数のFIWARE間でデータを共有、利活用されることが期待できます。
 今回は地域課題を収集するアプリを使って、二つのFIWARE 間でのデータ連携が可能であることを確認しました!

 Civic Hack Night Okinawaでは、FIWAREを取り込んだシビックテックフレーワークの成果を他地域に展開することを考えています! 


 オンライン上での開催となり、11名の方にご参加いただきました。参加者の皆様には意見交換やアンケート回答にご協力いただきありがとうございました。
 引き続き、Civic Hack Night Okinawaをよろしくお願いいたします。