【プレスリリース】SDN技術を応用したネットワークテスト自動化システムの実用検証を4社共同で実施

プレスリリース (報道発表資料)

2018年3月1日 一般社団法人沖縄オープンラボラトリ


一般社団法人沖縄オープンラボラトリ(沖縄県うるま市字兼箇段61番地1、理事長:伊藤幸夫、以下:沖縄オープンラボ)は、新日鉄住金ソリューションズ株式会社、TIS株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、株式会社アドックインターナショナル との共同プロジェクトにより、Software-Defined Networking (SDN) を応用した広域網のネットワークテストテスト自動化システムを実用化し、有効性を確認しました。

従来、複数の拠点をつなぐ広域網の設定変更では、各拠点の機器の設定ミスやトラブル発生時に現地作業が必要となるリスクがあるため、設定および通信テストにあたってあらかじめ拠点側への人員配置を行い、作業の実施に時間や費用がかかっていました。特に作業時間については、設定自動化システムを導入し、多数のネットワーク機器を同時に操作することで、作業時間を短縮できます。しかし、設定自動化システムが実行するネットワーク機器コマンドのミス、作業者が設定自動化システムに入力したパラメータの不整合、あるいはネットワーク機器自体の状態異常などは、より時間のかかる多数のパターンを網羅した通信テストをしなければ検知できないことがありました。

今回の試みでは、2015年に開発をはじめたネットワークテストシステム を設定自動化システムと連携させることによってこれらの課題を改善できると考え、NTTコミュニケーションズにて実際に業務で利用されている検証用の広域網へ適用し、その効果を確認しました。設定自動化システム単独利用時のテスト方法では、構築作業後に作業者が目視や手作業でテストを行っていたため、

・ログの視認性が悪い

・設定したルータ台数や確認対象VLANが多い場合に確認項目が非常に増大する