【プレスリリース】OpenFlowスイッチでパッチパネルを実現するSDNアプリケーションをオープンソースソフトウェアとして公開紹介



プレスリリー

OpenFlowスイッチでパッチパネルを実現するSDNアプリケーションを オープンソースソフトウェアとして公開 (報道発表資料) 2015年8月1日 一般社団法人沖縄オープンラボラトリ OpenFlowスイッチでパッチパネルを実現するSDNアプリケーションをオープンソースソフトウェアとして公開紹介 一般社団法人沖縄オープンラボラトリ(沖縄県うるま市兼箇段 61番地 1、理事長:伊藤幸夫、以下:沖縄オープンラボ)は、OpenFlowスイッチでパッチパネルを実現するSDNアプリケーション『OpenFlowパッチパネル(以下:OF-Patch)』をオープンソースソフトウェアとして2015年8月に公開します。 OF-Patchは、従来のパッチパネルをSDN技術であるOpenFlowを用いてOpenFlowスイッチにて実現したものです。従来のパッチパネルはルータやスイッチ、サーバなどの機器をパッチパネルに先行配線しておき、構成を変更する場合はパッチパネルで局所的に切り替えるものです。OF-Patchは、これをOpenFlowスイッチに置き換え、それをソフトウェアで制御することにより機器同士の接続構成の変更を行います。このOF-Patchのオープンソース化により、ネットワーク管理者は機器同士の接続構成を遠隔よりプログラマブルに変更可能となります。 ■オープンラボの概要、テストベッドの概要 沖縄オープンラボは、世界的なIT基盤の変革要素であるクラウドコンピューティング(クラウド)とSoftware-Defined Networking(SDN) などの次世代ICT基盤技術の実用化や普及・促進を目的とし、それに賛同する企業・団体がオープンに参加できる世界初の団体として、2013年5月8日に設立され、2周年を迎えました。 沖縄オープンラボではOpenStack/SDNのテストベッドを提供しています。検証環境では機器の接続構成の変更が頻繁に発生しますが、従来は物理的な配線を手動で差し替えて変更するため技術者が現地へ行き配線の変更を行う必要がありました。沖縄オープンラボのテストベッドではこれらの問題を解決し、遠隔よりプログラマブルに機器の接続構成の変更を行う必要があるため、SDN技術を用いたOpenFlowパッチパネルを研究・開発致しました。 ■OF-Patchのシステム概要 【OF-Patchシステム概要】 沖縄オープンラボは、「クラウドとSDN/NFVの融合」という技術分野の枠を超えた活動を推進する、世界的にもユニークな研究機関であるという特徴を生かし、今後も本目標の実現に向け積極的に取り組んでまいります。 【用語説明】 ※SDNとは、Software-Defined Networkingの略で、コンピュータネットワークを構成する通信機器を単一のソフトウェアによって集中的に制御し、ネットワークの構造や構成、設定などを柔軟に、動的に変更することを可能とする技術の総称。 ※OpenStackとは、クラウド基盤を構築する代表的なオープンソースソフトウェア。 ※OpenFlowとは、通信ネットワークを構成するネットワーク機器を一つの制御装置で集中管理し、複雑な転送制御を行なったり柔軟にネットワーク構成を変更できる技術。

お知らせ

​News

Contact
 

〒901-2122 

沖縄県浦添市勢理客4-19-3 NTTコム那覇勢理客ビル5階
電話:098-989-1940  FAX:098-989-1943
E-mail:info@okinawaopenlabs.org

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube

Copyright © OKINAWA OPEN LABORATORY All Rights Reserved.