2018/05/15・5/17 基礎セミナー(第2回)

2018/05/21

 

次世代のネットワーク基盤技術であるSDN/クラウド技術について、SDN/クラウド技術によってできることや基本的な技術内容の解説、SDN/クラウド技術を使った研究開発で活躍しているエンジニアの生の声を聞くことにより、SDN/クラウド技術に触れ、基盤技術の視野を広げていただく基礎講座の第1回に続く、基礎セミナー(第2回)を開催しました!

 

 

 

第1回セミナー(4月17日@KBC学園、4月27日@琉球大学実施済み)
ITの基本的なスキルを持っている学生を対象としたセミナー(2回完結)。クラウド技術の概要や背景から、バックボーンで動作する自動化技術までを対象とし、演習を通してITインフラ技術への理解・視野を広げてもらうことを目指します。(座学/ハンズオン)
 内容:クラウド技術の概要・クラウドサービス構成法

 

第2回セミナー(本セミナー)
第一回のセミナー内容を踏まえて、仮想化技術として注目されているコンテナ技術及びSDN技術を中心に、演習を通して理解を深めてもらい、参加者の視野を広げてもらうことを目指します。(座学/ハンズオン)
 内容:コンテナ技術/ SDN技術/ OpenFlow

 

 

■講義内容
・クラウドでできること(第1回セミナー実施済み)

・SDNでできること(第1回セミナー実施済み)

・クラウド技術(演習:AWS)(第1回セミナー実施済み)

・インフラ自動化(演習:ansible)(第1回セミナー実施済み)

・SDN技術(演習:OpenFlow)

・コンテナ技術(演習:Docker)

※講演の中で、講師の自己紹介 (生い立ち、業務内容、モチベーション)あり。
気になること、ご気軽にご質問ください。

 

 

■開催日時・会場

5月15日(火)09:30-17:00

会場:国際電子ビジネス専門学校(KBC学園)

参加者:37名

 

5月17日(木)09:30-16:30

会場:琉球大学 地域創生総合研究棟1F多目的ホール

参加者:21名

 

第1回基礎セミナー「クラウド技術とインフラ自動化」に続き、今回は「コンテナ技術とSDN」をテーマにお話しをさせていただきました。


午後の部はDocker演習を実施しました。配布資料で完結するハンズオンとなっておりますので、中途半端に感じた方々は是非ともご自分で時間をつくり、取り組んでいただければ幸いです。

 

 

 

Share on Facebook
Please reload