2017/11/24 UDC拠点交流会

2017/11/24

名 称:アーバンデータチャレンジ 2017 全体イベント

   「アーバンデータチャレンジの全国での活動展開~40地域拠点、石川に集結!~」

日 時:2017年11月24日 13時~18時

会 場:石川県金沢市 ITビジネスプラザ武蔵 6階 ホール(交流室)

 

詳細内容はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーバンデータチャレンジ(UDC)2017の全国シンポジウムが昨年ベスト地域拠点賞を受賞した石川県の金沢市で行なわれました。
 秋の行楽シーズンの連休期間でもあり数多くの観光客が訪れていた金沢で、霰も降るあいにくの天気ではありましたが、熱気あふれる全国拠点同士の交流の機会となりました。

 

 沖縄では何度もお話をしていただいた Code for Kanazawaの代表である福島さんの他、金沢市の山野市長等のご挨拶の後、場を変えて、この日は、全国40拠点のうち集まった30拠点の地域PRとポスターセッションが行なわれました。
※福島さんには、来週開催の「Okinawa Open Days2017」12月7日午前のUDCスペシャルセッションにてご登壇にただきますので、ぜひご期待ください。

 

 沖縄ブロックからは、「御願マイスター」「まちエコ」の2チームそれぞれのリーダーである、大坂さん、上原さんに、シンポジウムに参加いただき、上原さんからは、沖縄ではレースも行なわれている漁船である「サバニ」のミニチュアを使って伝統を守る沖縄を紹介いただきました。
 ポスターセッションでの他地域の方々との交流もあり、お2人は全国規模の活動であることを実感し刺激をうけたということでした。

 

 その後、場を戻し、拠点活動について沖縄オープンラボラトリ(OOL)が行なう意味などについて、OOLの原から、全国拠点から選ばれライトニングトークを行ないました。

 

 このように全国で志がある人々が集い意見を交換し合うことは、活動の目線を広げることにつながります。
 間違いなく、地域、日本は、社会構造を変えていかなければならない状況にあるとおもいますが、このような活動を通すことで、情報システムの目線から、その一助になればと考えます。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload