2018/02/20 第 13 回地域間インタークラウドワークショップ【共催】

2018/02/20

 

OOLの会員であるD4Cloudコンソーシアムの研究活動母体とも言える日本学術振興会の地域間インタークラウド分科会 (RICC) と合同でワークショップを開催しました。

 

日 時:2018年2月20日(火) 

会 場:沖縄産業支援センター303号室 (沖縄県那覇市)

時 間:10時~16時(9時半受付開始)
参加費:無料(事前登録制)

参加者:31名

 

 

 

 

 

■プログラム

09:30 受付
10:00 開会の挨拶
10:05 RICC発表
   データや環境に応じて処理の組み替え可能なモジュラー型エッジコンピューティング 基盤の開発 / 近堂 徹 (広島大学)
   Secure IoT Agent Platform における秘匿分散解析手法の応用 / 中川 郁夫 (株式会社インテック / 大阪大学)
   Chaotic Infrastructure, Design and Implementation / 柏崎 礼生 (大阪大学)
11:00 お昼休み
12:30 招待講演

   ハイブリッドクラウドの実現と、ネットワークサービスのディスアグリゲーション

    / 兵頭弘一 (アリスタネットワークスジャパン技術本部長)
13:30 休憩
13:40 OOL発表    
   BGP を使用した SDN Project Calico 技術調査の取り組み

    / 安座間 勇二 (NECソリューションイノベータ株式会社), 野口 礼生 (コムシス情報システム株式会社)
   ネットワークテスト自動化システムの多拠点展開 / 田島 照久 (新日鉄住金ソリューションズ株式会社), 村木 暢哉 (TIS株式会社)
   SDN を用いた分散協調型アーキテクチャによるネットワーク制御技術の検討 / 當山達也 (株式会社オキット)
14:40 休憩
14:50 招待講演
   デジタルビジネスの成功に貢献するサービス設計・運用 / 田中 映子 (日本電気株式会社)
15:50 閉会の挨拶

 

◾️開催報告

今回は日本学術振興会の「地域間インタークラウド分科会(RICC)」と沖縄オープンラボの共催で「第13回地域間インタークラウドワークショップ」が沖縄産業支援センターで開催されました。

午前中はRICCの研究発表と招待講演、午後はOOLの研究発表と招待講演というプログラム構成で行われ、それぞれ近しい研究領域にいるお互いの研究内容を知ることができ大変有意義なものとなりました。

招待講演ではアリスタネットワークスジャパン様からハイブリッドクラウドのあるべき姿について、NEC様からデジタルビジネスの成功に貢献するサービス設計・運用についてそれぞれ講演され、最先端の企業での取り組みを聞くことができ大変参考になりました。

夜はRICC、OOL合同での懇親会も行われ、打ち解けた雰囲気で交流することができました。参加者からは来年以降も同様な合同ワークショップをやろうという話もあが り、今後の連携に向けたスタートが期待できるイベントになったのではないかと思います。

 

 

 

Share on Facebook
Please reload