2017/03/07-08 IoT-CIT(国際交流会)【共催】

2017/03/08

 

沖縄オープンラボラトリは、2017年3月7日~8日にマレーシアで行われるInternational Symposium of IoT Cloud Infrastructure Technology (IoT-CIT)をクアラルンプール大学(UniKL)と共催します。
本イベントは、OOLにとってはOkinawa Open Days(OOD)の拡充とともに、アジアでの国際交流活動、沖縄のICT拠点としての価値向上、知名度向上、県内学生への海外経験と刺激によるモチベーション向上​の位置づけとして、マレーシア国内におけるSDN/NFV、クラウド、IoT基盤技術の立ち上げに資する目的での開催となります。

 

 

 

 

 

 

名  称 :International Symposium of IoT Cloud Infrastructure Technology (IoT-CIT)

日  時 :2017年3月7-8日

      クアラルンプール大学(マレーシア)

共  催 :オキナワオープンラボラトリ、 クアラルンプール大学(UniKL)

後  援 :   MARA(マレーシア教育財団)、沖縄県

 

プログラム:

 1日目 SDN/クラウド基礎セミナー・ハンズオン
    OpenStack,Trema Openflow,OpenDaylight,NFV
 2日目 基調講演、発表
    クアラルンプール大学学長 挨拶
    沖縄オープンラボラトリ伊藤理事長 挨拶
    MARA(マレーシア教育財団)来賓挨拶
    沖縄県シンガポール事務所 玉城所長 来賓挨拶
    基調講演 OpenStack: A global collaboration to make one platform(OpenStack Foundation:Tom Fifield)
    基調講演 Smart cities in Malaysia(REDtone IOT社)
    SDN & NFV use case(テレコムマレーシアR&D)
    OOLの人材育成の取り組み紹介(OOL/NTTコム:佃氏)
    プログラムコンテスト グランプリブログラム発表(沖縄高専:SecLabチーム)
    OOL研究内容発表(OOL/NEC:佐藤陽一)
    Internet of Things & Smart City Applications (台湾III:Dr. Feng)
    Edge computing(MIMOS(マレーシア政府系研究機関))

 

  後援:沖縄県、MARA(マレーシア教育財団)(調整中)

 

イベントレポート:

 1日目はハンズオンのプログラムが中心で、OOLからはNEC壬生さんがOPNFVをNEC高宮さんがOpenFlowコントローラToremaのハンズオンを行いました。

 UniKLの学生さんの参加者が多く皆さん壬生さん、高宮さんの話を一生懸命聞きながら取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オープニングでは、UniKLのDr.Mazliham学長、OOLの伊藤理事長や沖縄県の玉城さんのスピーチ後に記念品の交換が行われ、2日目が開幕しました。

 OOLからは人材育成事業の紹介(NTTコミュニケーションズ佃さん)、スペシャリスト育成プログラム優勝プログラムのプレゼン(沖縄高専SecLabチーム)と研究発表(NEC佐藤さん)を行いました。
 100名入る会場もかなり埋まり、皆さん熱心にお話を聞かれていました。特に、高専生2人のプレゼン後にはクアラルンプール大学の学生からの質問や学生間での情報交換が行われるなど、お互いにとってよい刺激となったことが見て取れました。

 プレゼンを実施した沖縄高専SecLabチームのお二人より感想を頂きましたのでこちらもご覧下さい

  ⇒スペシャリスト育成プログラムでの報告

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload