2015/07/02 理事座談会「医療・ヘルスケアへICTはどんな貢献ができるのか」

2015/07/02

超高齢化社会を迎える日本では、ご多分に洩れず、医療・ヘルスケア分野においてもICT活用の声が上がります。
沖縄オープンラボラトリでは、高いICTの知見をお持ちであり、Appleから「世界を変え続けるイノベーター」にも選ばれた、杉本真樹先生をお迎えし、ラボにて、次世代ICT基盤を推進する理事との座談会を行いました。
座談会では、技術論ではなく、人が人に寄り添う医療が話の軸となり、本来人のためであるICTの使い方がより鮮明になりました。
この場がICTの枠を越えた今後の活動につながることを願います。

 

■開催概要
7月2日(木) 
場 所:(株)レキオス メンバーシップサロン(那覇)

 

■参加者

 ●杉本真樹様

 神戸大学大学院医学研究科 特務准教授

 手術ナビゲーションシステム、3Dプリンタによる生体質感造形など、医療・工学分野での最先端技術開発を進めながら、医療関連産業の集積による経済活性化, 科学教育, 若手人材育成を精力的に行っている。 

 また医療・教育・ビジネスなどの多分野にてプレゼンテーションセミナーやコーチングを多数開催。2014年Apple社WEBサイトにて世界を変え続けるイノベーターに選出。

 

●櫻井智明様

 慶應義塾大学

 1962年生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了。航空自衛隊、技術専門商社、衛星通信会社、外資系IT企業、技術開発ベンチャーを経て、現在はフリーランスで活動するコンサルタント。「21世紀はあらゆる世界をReinventする時代である」を旗印に、テクノロジー全般、社会システム、イノベーションマネジメントをフィールドに、新しい製品やサービスの企画、新規事業の支援、価値共創の時代に持続可能な企業や社会をデザインすべく支援・研究している。データセンタ、クラウド事業のアドバイザー、医療分野での新規事業、ベンチャーキャピタルでの技術アナリストの他、慶應義塾大学大学院後期博士課程でイノベーションマネジメントに関して日々研究などもしている。

 

 

●伊藤幸夫

 沖縄オープンラボラトリ 理事長、日本電気株式会社 顧問

 

●山下達也

沖縄オープンラボラトリ理事、NTTコミュニケーションズ株式会社技術開発部長

 

●鈴木敦夫

沖縄オープンラボラトリ 理事、日本電気株式会社 エグゼクティブエキスパート、NECソリューションイノベータ プロフェッショナルフェロー

 

■座談会報告

 医療・ヘルスケアへICTはどんな貢献ができるのか

Share on Facebook
Please reload