イクシア、「Interop Tokyo 2014」にて、国内初の仮想マシン(VM)上のテスターポートを用いた遠隔地間測定実験に成功

イクシア、「Interop Tokyo 2014」にて、国内初の仮想マシン(VM)上のテスターポートを用いた遠隔地間測定実験に成功

<<プレスリリース>>

2014年6月11日 イクシアコミュニケーションズ株式会社 一般社団法人沖縄オープンラボラトリ

イクシア、「Interop Tokyo 2014」にて、国内初の仮想マシン(VM)上のテスターポートを用いた遠隔地間測定実験に成功

SDI ShowCaseにて、仮想テスターポートを幕張会場と沖縄オープンラボラトリに配置し、仮想環境での遠隔地測定の検証能力を実証

日本時間2014年6月11日発表 -イクシア(本社:米カリフォルニア州カラバサス、NASDAQ: XXIA)の日本法人イクシアコミュニケーションズ株式会社(以下、イクシア、本社:東京都新宿区、代表取締役:村上憲司)と一般財団法人沖縄オープンラボラトリ(本部:沖縄県うまる市、理事長:伊藤幸夫)は、2014年6月11日より13日まで幕張メッセで開催されている国内最大のネットワークイベント「Interop Tokyo 2014」にて、仮想マシン(VM)上のテスターポートを用いて、幕張メッセ会場と沖縄県に所在する沖縄オープンラボラトリ間での遠隔地間測定実験に国内で初めて成功したことを発表いたします。イクシアと沖縄オープンラボラトリは、「Interop Tokyo 2014」内で実施されるSDI ShowCaseにて、同社の主要テストアプリケーションIxNetworkとIxLoadを仮想環境で動作する様に開発された「IxVM」を用いた、各種遠隔地測定実験のデモンストレーションを公開いたします。

発表のハイライト

クラウドコンピューティングの更なる拡大と、ネットワーキングにおけるパラダイムシフトであるネットワーク機能仮想化(NFV)が、急速に展開される中、遠隔地間での仮想化環境上に、テスターを容易に配置できることが実証されたことは、今後のネットワーク計画において大きな意義があります。今後も、沖縄オープンラボラトリと、その会員であるイクシアは、クラウドコンピューティングとSoftware-Defined Networking(SDN)の検証環境であるテストベッドにおいて、その検証基盤の一要素としてIxVMの有効活用を積極的に進めます。また、サービスチェイニング等の技術実装や検証活動においても取り組んでいきます。

今回の遠隔地間測定と公開デモンストレーションの内容

仮想サーバー上に、IxVM仮想テスターポートを配置して以下のテストを実施します。

・L2-L3パケット疎通試験  IxNetworkを使用 ・プロトコルエミュレーション試験(VXLAN,OpenFlow,など)  IxNetworkを使用 ・L4-L7アプリケーション疎通試験(HTTP,FTP,など)  IxLoadを使用

図 遠隔地間測定と公開デモンストレーション

lxiaについて イクシアは卓越した製品を提供し「つながる世界」を実現します。イクシアは、顧客が先進的なネットワーク技術に基づくサービスを迅速かつ安全に提供することを支援し、Always-onのユーザー体験を可能にします。顧客は、イクシアのソリューションが提供する意思決定に有用な情報を活用し、製品・サービスの早期市場投入、最適化されたアプリケーションの導入を高い品質を保ちながら実現することができます。イクシアの詳細情報は、http://www.ixiacom.com(日本語サイト:http://www.ixiacom.jp)をご覧ください。

一般社団法人沖縄オープンラボラトリについて 一般社団法人沖縄オープンラボラトリは、クラウドコンピューティングとSoftware-Defined Networking(SDN)を融合した次世代ICT基盤技術の実用化や普及を目的とし、オープンコミュニティ、標準化推進団体と国際的な連携活動を推進するとともに、当該技術領域に関する技術者育成を図るため、沖縄県の支援の下、2013年5月に発足しました。 国内およびアジアを中心とする各国の有力企業、団体、教育機関、研究機関が参加し、国際的かつオープンな研究開発活動を推進しております。

お知らせ

​News