TOP>開催概要・会場アクセス

Summary ー開催概要ー

一般社団法人 沖縄オープンラボラトリ代表理事 伊藤幸夫

沖縄オープンラボラトリは「Okinawa Open Days 2016」を12月5日~8日の間、沖縄県市町村自治会館にて開催致します。
今年のOkinawa Open Daysのテーマは、『世の中を変えるオープンテクノロジーとアイデアの集結』です。
皆様のご参加をお待ちしております。

Okinawa Open Days 2016 開催のご挨拶

ICT基盤技術における、オープン化、ソフトウェア化のトレンドは着実に浸透しており、技術・ビジネスという側面やサービス利用者や提供者・運用者に対して、あらゆる領域で影響を与えております。さらには適用範囲についても、IoTなど新しいユースケースに広がりを続けており、日々刻々と変化しています。

ICT基盤技術の先進的技術である、SDN/NFV技術とクラウド技術は、着実な技術の進展・拡大と実ビジネスへの活用に注目が集まるようになり、具体的な利用方法に基づいたソリューション提供や製品化が加速しております。これらのソリューションや製品の導入については、単なる技術的なアプローチだけでは不十分であり、既存の業務プロセス・ルールを分析し、例えばDevOpsの考え方を取り入れた業務プロセス・ルールの刷新を行い、真の意味での効果的な活用をするサービスプロバイダ・企業ユーザーの事例が増加してきました。

また、SDN/NFV技術・クラウド技術に対するオープンソースソフトウェアによる技術イノベーションは、開発コミュニティ内の関係者が協創し知恵を出し合いながら進めることで、単一企業が行う場合と比べ技術内容・人材育成・スピード・コストなどの面で優位性があることを示す事例が増えてきており、例えばOpenStack等のデファクトスタンダード化やエコシステム形成などはその代表例と言えると思います。

一般社団法人沖縄オープンラボラトリは、これらの動向に先行して、SDN/NFV技術とクラウド技術の融合・具体的な実装(ユースケース)・オープンソースといったキーワードをテーマとした、世界的にもユニークな 研究開発機関として設立以来、今年で4年目となりました。昨年までの3年間でオープンな「技術開発、テストベッドの構築・運用、人材育成・交流」を行い、一定の成果を上げてまいりました。今年はその3年間の基礎作りから新たな飛躍の年として、活動を進めてまいります。

その活動の一環として、2013年からSDN/NFV技術・クラウド技術のコミュニティにて活躍されているキーマンで構成されている実行委員会メンバーに多大なご協力を頂きながら、SDN/NFV技術・クラウド技術を完全に融合し、技術的な側面だけでなく、ユースケース・人材育成などの要素を取り入れた、独自の国際イベントとして 「Okinawa Open Days」を開催してまいりました。

今年のOkinawa Open Daysは、“世の中を変えるオープンテクノロジーとアイデアを集結”する場として、他の国際イベントでは実現できない、技術開発とビジネス、利用者と提供・運用者、トップエンジニアと学生、日本と海外(特にアジア)などそれぞれの側面を持った参加者が一堂に会し、より密結合した講演、議論を行う場を提供いたします。

Okinawa Open Days 2016の場を通して、参加者各位の今後のSDN/NFV/クラウド技術を中心としたオープンテクノロジーの利活用および研究開発、国際展開の方針・方策作りの一助となれればと考えております。 皆様方の本イベントへのご参加、心よりお待ちしております。

———Okinawa Open Days 2016 プログラム構成———

『世の中を変えるオープンテクノロジーとアイデアの集結』をテーマに、沖縄から情報発信、意見交換の場を作る国際会議として、「Okinawa Open Days 2016」では以下のようなプログラムを構成していきます。

テーマ1.オープンソースプラットフォームの最新動向・技術の適用の紹介
OpenStack、OPNFV、コンテナなど、オープンソースプラットフォームの最新技術の紹介を行います。また単に技術動向だけでなく、これらのオープンソースプラットフォームを導入した新たな業務プロセス・ルールの刷新などの導入事例に関する講演も行います。

テーマ2.海外におけるオープンプテクノロジーの取り組みの現状
沖縄オープンラボラトリはロケーション的な位置付けも含めたアジアのHUBとして台湾、マレーシアなどとの交流を深めております。アジアの各国においても、オープンテクノロジーの取り組みは非常に活発であり、それらの取り組み内容を紹介いたします。

テーマ3.地域のICT政策についての紹介・ディスカッション
現在、沖縄県など日本の各地域において積極的にICTを活用した実例が多くあります。各地域における、活性化の政策(特区など)や政策だけでなく創意工夫によって実現している地域のユースケースを紹介します。また、アイデアソン等、来場者参加型の要素を取り入れて進めていくことで、より身近に地域振興に関するアイデア収集が可能となります。

テーマ4.沖縄オープンラボラトリの取り組みの紹介
沖縄オープンラボラトリではテストベットというオープンな技術開発の環境を用意しています。こちらの整備状況とテストベットを通して実施可能な内容・事例を紹介します。また開発から運用に関しDevOpsのアプローチも取り入れており、ラボでの紹介と、他社で同様な取り組みを紹介します。

テーマ5.最新ユースケースと支える技術のディスカッション
ICTの社会や産業へ与える影響がますます大きくなる中、沖縄オープンラボラトリで実施しているユースケースの発掘・共有活動であるSDSG(Service Design Study Group)で紹介してきた内容に加え、新たなICT基盤技術の適用範囲であるFINTEC、IoT、AIなどについて、利用者として課題提起する側と技術的な視点(特にSDN/NFV/クラウドの切り口について)で解決する側の双方の講演者に御登壇頂き、ディスカッションを行います。

会 期
2016年12月5日(月)~12月8日(木)
主 催
一般社団法人 沖縄オープンラボラトリ
Okinawa Open Days 2016 実行委員会
会 場
沖縄県市町村自治会館(沖縄県那覇市旭町)
参 加 費
無料(事前登録制)参加人数:700人
懇 親 会
2016年12月7日(水)18:00~
(会費:5,000円 事前登録制)
懇 親 会
日時:2016年12月7日()18:00~
会費:5,000円/1人
会場:リーガロイヤルグラン沖縄
お申込:お申込みはプログラム参加と同時にお申込みいただけます

※懇親会に参加される方へ

  • ・OOD会場で受付の際に懇親会費のお支払いをお願いいたします。懇親会から参加される方は懇親会会場にて受付いたします。
  • ・キャンセルのご連絡は11月25日(金)までにご連絡ください。

プログラム・講師紹介はこちらから

参加申込(懇親会含む)はこちらから

Access ーアクセスー

【会場】
沖縄県市町村自治会館: ゆいレール旭橋駅より徒歩5分
〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37 アクセス方法はこちら
沖縄県市町村自治会館 公式ホームページはこちら
【懇親会会場】
リーガロイヤルグラン沖縄
〒900-0029 沖縄県那覇市旭町1-9
リーガロイヤルグラン沖縄 公式ホームページはこちら

参加申込はこちらから

ページTOPへ戻る