SDN・クラウドコンピューティングは、情報通信分野において今最も期待されている技術の一つであるが、その技術を習得している技術者は未だ少ない状況にあり、また、SDN・クラウドコンピューティングの普及に不可欠なドキュメント類などをはじめとした支援環境が不足している状況にあり、SDN・クラウドコンピューティングの更なる実利用の促進・拡大に必要不可欠な高付加価値IT人材の育成・確保および全体的な技術力の底上げを目指し、沖縄県内の教育機関や関連施設を中心に、国内外に向けての産学横断的に推進することを行います。

 人材育成プログラムの概要 

次世代ICT技術者の育成を目指して多種多様なプログラムを提供

 ▶Basicプログラムの紹介  

座学セミナー

ゴールイメージ:視野の拡大

・IT業界の先端インフラ技術と可能性に触れる

・活躍するエンジニアの生の声を聞く

ハンズオン 技術・開発能力向上

ゴールイメージ:より具体的に技術に接する

・手を動かす事で楽しさ体験

​・エンジニアになりたいモチベーションを高める

ハンズオンセミナー (SDN編)

ハンズオンセミナー (OpenStack編)

Please reload

 ▶Advanceプログラムの紹介  

スペシャリスト育成プログラム

SDN/クラウド技術を使いこなす実践的能力を持ち、産業界で活躍できる人材を育成することを目的としたプログラムです。

​​2017年度は3期生となります。

詳しくはこちら

OSSコードレビュー ハッカソン

プログラム開発能力向上

アプリケーション プログラムコンテスト

独創生的な技術者の支援と人材交流

Please reload

 スペシャリスト育成プログラムについて 

​​【狙い】

  • 学生・若手エンジニアを主な対象として、SDN/クラウド技術を使いこなす実践的能力を持ち、産業界で活躍できる人材を育成することを目的としたプログラム

  • SDN/クラウド技術に関わり産業界で活躍しているエンジニア、ICTに関連する学術機関の研究者などの最先端の動向に詳しいメンター(指導者・助言者)から7ヶ月指導を受けながら、各自設定したテーマに取り組む

  • チームでマイルストーンを設定し取り組むため、プロジェクトマネジメント、チームワークのスキル醸成も目指す
     

​​【フレームワーク】

2016年度参加者数

  • 座学セミナー 254名

  • ハンズオンセミナー 68名

  • ​スペシャリスト育成プログラム 23名

2015年度参加者数

  • 座学セミナー 132名

  • ハンズオンセミナー 40名

  • ​スペシャリスト育成プログラム 13名

​​【推進体制】