本ラボは、沖縄の国際情報ハブ化(※)実現に向け、交流拠点としての機能、国際的な企業・人の集積する環境創造の礎となり、ネットワーキング技術の変革要素であるSoftware-Defined Networking技術と世界的なIT基盤の変革要素であるクラウドコンピューティング技術の融合を推進する国際研究拠点の形成を図ってまいります。
※国際情報ハブ化=「おきなわ Smart Hub 構想」につきまして詳細は 「沖縄県商工労働部 情報産業振興課」のページをご覧ください。

 基本方針 

SDN利用技術とOSSクラウドを融合する実用研究拠点を形成
 
実用研究拠点として、SDN/ クラウドを利活用するためのユースケースを集積し、それらを実現するために必要な技術をWG毎に出しあい、未来のさらなる実運用に向けてのSDN/ クラウドソリューションを実現するための研究開発を行います。
SDN/ クラウドをデータセンター内に留まらせず、広域ネットワークやアクセスネットワークを含めた利活用を行う環境づくりを行います。

高付加価値IT人材の育成・確保
 

沖縄県の関連施設、沖縄県内の教育施設の協力のもと、SDN/ クラウドの関連技術の勉強会(ハンズオン)を行います。
民間企業や関連団体に所属する技術者と沖縄県内・外の学生や海外からのエンジニアを含め、SDN/ クラウド技術に関しての研鑽を積む場を提供します。

SDN利用技術とOSSクラウドの情報集積促進と地場企業の高度化
 

SDN/ クラウド技術に関してのイベントの企画・実施を通じ、沖縄県内・外や海外からの企業・技術者・研究者の交流の場を提供いたします。

 国際研究拠点の考え方 

国際情報通信ハブ化実現に向けた国際的に企業や人が集積したり、交流の拠点として機能する環境の創造

国際国際研究機関の立地においては市場における最先端技術や注目を集めているテーマ・活動に対する世界の中心的取り組みを推進する研究拠点を立地しこれらの分野における高い知見を有する技術者の集積を推進する情報通信ハブ化実現に向けた国際的に企業や人が集積したり、交流の拠点として機能する環境の創造

沖縄の環境条件を活かせる研究テーマであることを前提に世界的に注目を集めているSDN利活用技術とクラウドコンピューティングの融合に焦点をあてた国際研究機関の立地を促進