次世代ICT基盤技術の実用化と普及を目指す

一般社団法人 沖縄オープンラボラトリ
btn_japanese_on btn_english_off
ood_menu01_off プログラム 会場アクセス 参加お申込み
開催のご挨拶 ood2015_report

ood2015_r_2

ood2015_special

procon2015_b

ood_bn2013

ood2014

hosted by
ool
Supported
okinawa
ccds

sponsors
platinum
ctc
nec
nttcom
fujitsu
silver
lpi
nec_s
nissho
O3
OpenDaylight
quali
iii
cooperation
Linux FoundationonfOpenDaylightopenstack_copenstack_j
sdn_japan
ckp

OkinawaOpenDays2015
協賛案内
(zip1.4MB)

ご挨拶
ICT基盤技術は、開発におけるオープン化、ソフトウェア化の比重を増しながら着実に進化しており、取り巻く環境と共に新たな局面を迎えています。

SDN技術とクラウド技術は、一時期の歓迎ムード的なピークを過ぎ、着実な技術の進展に注目があつまるようになり、具体的な利用方法に基づいたソリューション提供や製品化が加速しております。これらのソリューションや製品をサービスプロバイダ・企業ユーザーが商用導入し、その事例が増加してきました。
また、SDN技術・クラウド技術に対するオープン・ソース・ソフトウェアによる技術イノベーションは、費用や人材、技術力の面で単一企業では実現しにくい開発課程を開発コミュニティ内の関係者が協創し、知恵を出し合いながら進めることで、技術開発の加速やエコシステムの形成、その結果、デファクトスタンダードとなっております。

一般社団法人沖縄オープンラボラトリは、これらの動向に先行して、SDN技術/クラウド技術の融合・具体的な実装(ユースケース)・オープンソースといったキーワードをテーマとした、世界的にもユニークな研究開発機関として、設立以来、今年で3年目となりました。

このテーマの実現にあたり、オープンな「技術開発、テストベッドの構築・運用、人材育成・交流」などの活動を行っております。その活動の一環として、2013年からSDN Japan実行委員会、OpenStackユーザー会のメンバーに多大なご協力をいただきながら、SDNおよびOpenStackを完全に融合した独自の国際イベントとして「Okinawa Open Days」を開催してまいりました。

今年は、3年間に渡る沖縄オープンラボラトリの活動の集大成を考慮に入れつつ、ロケーション的な位置付けも含めたアジアのHUBとして、オープンソースを中心としたSDI技術、国内外、特にアジア各国のネットワーキングの接点を持てる場を設けます。

沖縄から情報発信、意見交換の場を作る国際会議として、「Okinawa Open Days 2015」とし12月14日~18日の5日間と期間を大幅に拡大して開催します。

「Okinawa Open Days 2015」では上のコンセプトの実現のために以下のようなプログラムを構成していきます。

・ユースケースに基づくSDIの利用事例、課題提起
SDN/クラウド技術の各技術分野の枠を超えた技術動向の1つとして、仮想化技術などによりサーバーやネットワーク機器、さらにはストレージなどのハードウェアが抽象化され、これらのリソースをソフトウェアによってコントロールできるSDI(Software-Defined Infrastructure)が生まれました。このSDIがコスト削減および利便性向上の可能性を実現し,その有用性が認識され始めてきました。この技術動向が利用者のSDI導入のモチベーションを向上させており、SDNやクラウド市場をより活性化しております。そこで昨年は、技術的な視点でSDN技術、クラウド技術を完全に融合したプログラムを実施しましたが、今年は、ユースケースなど利用者側から見た時のSDIの利用事例、課題提起などのプログラムを用意いたします。

・コミュニティ、国際交流
昨年に引き続き、国際的なイベントとして、代表的なオープンソースコミュニティ(Open Stack Foundation, ONF(Open Networking Foundation)等)のキーメンバーをゲストとして呼び、特にアジア地域における各コミュニティの生の声を聞く等の交流の機会を設けます。 また、主要なプログラムを英語で聴ける環境を用意します。

・沖縄オープンラボラトリの3年間の成果報告
沖縄オープンラボラトリの3年間の研究開発の集大成として、講演、展示を通して成果を報告します。以上のプログラムについて、対象者別に以下の2つのトラックで講演、ハンズオン・チュートリアルを行っていきます。

– ジェネラルトラック:(ICTへの関心と利用率の高い意思決定者、マーケティング担当者、SDN/クラウド技術に触れていきたいエンジニアを対象)技術動向、事例紹介、業界(国内・海外)動向の講演

– スペシャルトラック:(SDN/クラウド技術に触れており、よりスキルを深めていきたいエンジニアを対象) 技術、事例の深堀を行うためのハンズオン・チュートリアル

今年は、12月14日〜16日をスペシャルトラック、12月17日〜18日をジェネラルトラックとして構成します。

・ユースケース研究(SDSG)
沖縄オープンラボラトリではSDSG(Service Design Study Group)活動を行っております。この活動はICTとは異なる多業種の方々から、将来構想、最新動向等をご発表頂き、講演者・参加者の議論を通して知見を広げ、新しいICTユースケースの発見に繋げるものです。内容としては、SDN/クラウドに係わらず、ICT全般に関する、誰でもわかりやすい内容です。

Okinawa Open Days 2015の場を通して、参加者各位の今後のクラウド/ネットワーク利活用および研究開発、国際展開の方針・方策作りの一助となれればと考えております。
皆様方の本イベントへのご参加、心よりお待ちしております。

開催概要
会  期: 2015 年 12月 14日(月)~18日(金)

主  催:一般社団法人 沖縄オープンラボラトリ

会  場:沖縄県市町村自治会館(沖縄県那覇市旭町)

参 加 費:無料(事前登録制) 参加人数:700人

懇 親 会:2015年12月17日(木)19:00~ (会費:5,000円)
  場 所:リーガロイヤルグラン沖縄 ダイニング&バー エージュ